株のメリットとリスク対策の施しやすさ

投資商品には、必ずと言って良いほどリスクがあります。ノーリスクの投資商品はありません。債券やアパート投資や株など色々な投資商品はありますが、いずれもリスクはあります。ただ株式投資の場合、リスク対策を施しやすい一面があります。

買った商品の価格は下がる可能性もある

投資を始めるためには、たいてい何かを購入する事になります。例えばアパート経営を始める場合は、アパート物件を購入しなければなりません。一旦はアパート物件を買って、誰かがそこに住んでくれれば家賃収入を得ることができます。
株も、やはり購入する事になります。取引画面にて注文のボタンなどをクリックし、株券を買うことになる訳です。CFD株の場合は、売りから入って注文する事もできます。
ところで購入した商品の価格は、必ずしも上昇してくれるとは限りません。例えばある時に100万円の商品を買ったとします。もちろん商品の価格が上昇してくれれば、お金を稼ぐ事は可能です。しかし商品の価格は、必ずしも順調に伸びてくれるとは限りません。下落する可能性はありますから、注意が必要です。

株のリスクを低く抑える

株も、確かに商品の価格が下がる事はあります。しかし株価は、ずっと下がり続ける訳でもありません。日経平均株価の値動きを確認してみると、それを実感できます。
確かに日経平均株価も、たまに暴落する事はあります。しかし暴落がずっと続く訳でもなく、時には反発上昇する事もあります。
ですから日経平均株価などは、あえて小刻みに買ってみるとお金を稼ぎやすくなる事もあります。現在の自分の金融資産が100万円前後なら、それを全て投資資金に使うのではなく、5万円ずつ買っていく方法もあります。それで小刻みに売買してみれば、かなりリスクを抑えられる事も少なくありません。
上記の小刻みの売買だけでなく、他にも色々やり方はあります。幸いにも株のリスク対策の手法は、それほど難しくありません。一旦やり方を覚えれば、比較的リスクを抑えやすいという声も多いです。

他の投資商品よりもリスクを低く抑えやすい

他の投資商品にもリスクはあります。アパート経営もその1つで、時には入居率が下がってしまう事があります。入居率に関する対策を施すのは、決して簡単ではありません。色々なリサーチなどを行わなければならず、かなり手間がかかってしまう事もあります。
しかし株の場合は、不動産投資ほどリスク対策は難しくないという声も多いです。比較的リスクを抑えやすい一面もあるので、株に注目している方も少なくありません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*